「建部町文化センター」&温泉プール「はっぽね」  2017年7月発信


 「建部町文化センター」&温泉プール「はっぽね」
  の紹介ページへようこそ

 国道53号線沿いの旭川河畔にひときわ目立つ白壁の建物、ここが建部が誇る文化発信基地「建部町文化センター」です。
まずはご紹介します、 「建部町文化センター」の高安センター長さん。それと隣接する温泉プール「はっぽね」の施設長でいられる古城さん。 宮安さんは「すべてはお客様のために」をモットーにいつも笑顔で丁寧に来館者の方をお迎えされています。 古城さんは温泉プールを水泳だけでなく健康増進や機能回復といった相乗効果の期待できる活用にと積極的に取り組んでいられます。

ロビー *広々としたロビー

 

 では中に入りましょう。広々とした開放感溢れるロビーが迎えてくれます。ここではいつも、開演を待つ人が各種催事情報を手に館内でゆったりとくつろぐ姿が見受けられます。 そして秋にもなると建部町の一大イベント「建部町文化祭」のメインステージとして多くの参加者や観覧者が訪れます。

   *素晴らしい音響設備を備えた大ホール

 次にセンターの自慢である678人収容の大ホールに行きましょう。ここは、その音響設備の素晴らしさが自慢で、これまでもバレー、ミュージカル、コンサート、 また企業や団体の会議場として数多く利用されてきました。 建部町民にとっては毎年公演される「蚕くらぶ」によるミュージカル、「岡山弁大会」の催し、先ほどの文化祭の発表の部のステージとして、なくてはならない施設です。それともう1つ、この大ホールには世界の名器と言われる「スタインウェイ」のピアノが 置かれています。ピアノを習う人なら一度は演奏してみたい、そんなお宝もこのセンターの魅力です。
歌うステージ 大ホール 岡山弁大会

  *多目的に利用できる小ホール

  小ホールを紹介します。ここは200人収容で可動式の座席が備えられ多目的に活用できます。 小規模の演劇や会議場またミニコンサートでも利用できます。建部中学校は毎年ここで「夢と希望を語る会」の発表を行っています。
 さて外に目を向けると風情ある寝殿造り風の建物「法寿庵」が見えます。茶室をそなえたこの家屋は旭川の情緒を楽しみながらのんびりと会談、 各種練習場として利用できます。
希望を語る会 展示風景 茶室


プール    *建部ならではの温泉プール

 ではもう1度ロビーに戻って、玄関を入って右のガラス窓の向こうに広がるのが、建部ならではと人気の高い温泉プール「はっぽね」。 25メートルが4コース、幼児用プールやジャグジーも備えています。 このプールの評判は高く、近隣の市町村からも足しげく通う人が年々増えています。



 親水公園 最後に、この館を訪れた時のもう1つの楽しみ方。それは前を流れる旭川沿いに芝生の敷きつめられている「親水公園」。 晴れた日はウォーキング、野外レクレーションと家族で過ごすには最適な場所です。では、近いうちにお会いしましょう。



 *詳しい案内は建部町文化センターのホームページ(←クリック)をご覧くださいね。



 

 <住所>
    〒709-3142 岡山市北区建部町建部上899
           建部町文化センター
     п@086ー722ー9111 FAX 086−722-4011
          温泉プール「はっぽね」
           п@086−722−9777



    
トップページへ戻る