編集室へようこそ 2018年1月1日発信

 定例編集交流会のご案内

「たけべ新聞」では開かれた新聞をモットーに皆さんからの意見を幅広くお聞きしています。
 次回、交流会は3月11日(日)「3.11追悼の集い」で、出来ればお会いしたいです。 興味のある方はご参加ください。
 場所は ↓ 。
「ドレミファミリアアートギャラリー」


*編集スタッフの紹介*


 編集長/ 勝部公平*1947年 岩手県生まれ 

 建部にある「ゼンセン」センター長を務める。退職後、建部に限らず広範囲な地域での活動をくり広げ、1昨年は県の「生き生き大賞」を受賞。今や建部のはっぽね的存在。


 副編集長/三宅優 *1952年 倉敷市生まれ 三宅優

 職業、現代美術の画家。だが最近は「建部町花火大会」のポスターや「タヌ子とタヌやんの何でもない1日」など描く。 「ドレミファミリア アートギャラリー」オーナー


 編集者/松下りえ *福渡在住

 たけべに来て3年目を迎えご主人と夫唱婦随、愛娘トーコちゃんと旋風巻き起こすりえちゃん、 フェイスブック等で「たけべ新聞」を発信、サポートしてくれています。

    

 突撃レポーター&カメラマン/延江典子 *建部町下神目生まれ

 公民館勤務の多忙をものともせず、持ち前の明るさで建部に新風。

    

 記者&カメラマン花房功基 *1994年建部町建部上生まれ

 若干23歳ながら頼りがいのある一人に成長。たけべ新聞のこれからの担い手として期待!!

    

 グルメレポーター三宅美恵子

 食べ物にはちいとうるさいが作るのは苦手。目下。ドレミファランドでヤギ親子
2匹+猫1匹+2人の生活。

    

 記者/戸田裕人 *1988年建部町生まれ

 仕事にロードバイクに興味は外に向って羽ばたく。将来の建部のキーマンとして戻るのが楽しみ。

    

隔月号の特集予告です

「たけべ楽考」は「あなたのタイムカプセル」

「たけべ満食」は「岸お好み焼き」

「たけべ見遊」は「粟倉人形昔語り」


   
トップページへ戻る