おばあちゃん聞かせて 「たけべのお話し」
ねえねえ、おばあちゃん聞かせて、子どもの頃のたけべのお話し



   10月  「失せ物(うせもの)の神様」


 福渡の畦越(あぜこし)様は失くしものが見つかる神様でね。
  聞くところでは、昔、ぞうりを失くしたお百姓が
 「見つけてくだされば豆腐をお供えします」と言ったら、
 そのぞうりが見つかって、でも豆腐がなかったので
 アゲをお供えした。
  そうしたらキツネがやってきて、これはいいやと
 持って行った。
  それ以来、キツネは失くし物を必ず見つけてくるようになった。
  私も財布を失くしてお願いしにいったら、何日かして
 テレビの後ろから出てきたよ、本当だよ。
  だから、お礼に油アゲをお供えしたんだよ。



失せ物の神様




 前のお話しを聞く

 *このお話は地元のおばあちゃん達からお聞きした内容を基に
 平成25年に発行された「たけべのお話」(タネピリカ編集)より抜粋しています。


トップページへ戻る