たけべ楽考   建部のこれからをワイワイ楽しく世代を超えて考えるページだよ


あなたのタイムカプセル
  

特集「あなたのタイムカプセル」

今年、建部で出会った人100人に聞きました。 2018年2月発信・随時更新中

 昭和63年1月8日、30年後の建部町民に当てたメッセージ「未来への使者タイムカプセル」が建部町役場前(現建部町支所)の庭に埋設された。 オレンジ色の直径1.2mの強化プラスチックで出来たカプセルには、子どもたちの作文や絵、町の産業や行政資料が入れられた。
 同年の「広報 たけべ2月号」には当時の町長(故・御船 剛吉郎氏)から 「三十年後の我が町はどんなに発展しているでしょうか。その願いと期待を込めたこのタイムカプセルを 三十年後の町民のみなさんに贈ります」とある。30年を経た建部町が当時に思い描いた発展を遂げたかは、もはや問うまい。 大切なのはその願いを受け止めて次につなげていく努力。
 30年前も、30年後も変わらないのは「ふるさとたけべを愛する心」

(取材・写真 勝部公平 三宅優)

あなたがこれまでに最もうれしかったこと、感動したこと、記憶に残ることは何ですか?(出会い順)


あなたのタイムカプセル 服部恵子さん(68歳)服部商店
「昨年だかに東京に行って、孫の通う東海大学のキャンパスを案内してもらったの。もう、すごーく広くて1つの街のようでビックリした」


あなたのタイムカプセル 坂本綾子さん(40歳)nicoパン
「そうですね、建部に引っ越してパンの窯に初めて火を入れたことかな、いや、やっぱり娘の”こころ”が8年前に生まれたことですね」


あなたのタイムカプセル 安部欣也さん(63歳)建部町公民館館長
「音楽を専門に勉強してきましたからね、何とかこれで仕事をと考えてて、それで中学校の教員採用試験を受けた。それで採用が決まった、その時ですね」


あなたのタイムカプセル 窪和男さん(56歳)建部町公民館職員
「平成4年に建部町の職員に採用された時ですかね。すぐに”はっぽね桜まつり”の第1回目があったりしてとても印象に残っています」


あなたのタイムカプセル 入野曜子さん(37歳)公民館職員
「結婚して6年目で子どもを授かったこと、そのちょっと前に母が逝ったので、その命を受継いだという思いも重なって・・・」


あなたのタイムカプセル 森田卓司さん(65歳)岡山市議会議員
「5年ほど前、議員2期目の時ですかね、旧福渡高校の跡地の利用が決まった時、長年の懸案事項が良い方向に決まってホッとしましたね」


あなたのタイムカプセル 下野雅祥さん(61歳)建部ヨーグルト
「63年4月(奇しくもカプセルを埋めた年)牛乳を何とか売ろうと、牛飼いの何人かで集まって建部ヨーグルトを立ち上げたんです。あの時ですね、皆、若かった」


あなたのタイムカプセル 江田基宏さん(41歳)サニーデイコーヒー
「やはり3年前に家族で戻った時ですかね。まだ、このような店をやるとも考えてなくて、気がつくと地域の皆さんとこうしてやっているんですから」


あなたのタイムカプセル 麻利子 ジェノニ(42歳)ピッツェリア マル屋
「月並みかもしれないけど、やはり2年前に娘が生まれたことですね。超ウルトラ高齢化出産だったので(笑)、子どもも私も無事で健康でいられて、 そのことが何よりもうれしいです」


あなたのタイムカプセル マルコ ジェノニ(40歳)ピッツェリア マル屋
「家族(マイファミリー)をつくれたことがベストだね。それと自分の店を持つという夢(マイドリーム)も実現できた。 でもそれらは麻利子(奥さん)と一緒になれたから。そう、そもそも彼女が僕を見そめてくれた(ファインドミー)そのことが 一番の幸せ(マイハッピー)だね!」


(2)へ (3)へ (4)へ (5)へ



 前月の「楽考」を読む





トップページへ戻る