今月の編集後記   2019年6月1日発信

「先月を振り返り」


 編集長/ 勝部公平 

 5月の中頃、鶴田地区のお年寄りのグループにお招きをいただき、レクリェーションで楽しむ時間を過ごしました。 皆さん、社会福祉協議会の乗用車で2〜3往復してもらいながらの参加です。
 会場にお邪魔しますと、メンバーの方のハツラツとした笑顔、はずむ会話、なんともエネルギュシュなこと!
 人は、一人では元気の出ない動物なのですね。言葉や行動を通じて交流しあってこそ人間、みんなの工夫と協力で地域づくりをすれば、 活き活きとした人生が送れるものだと再認識しました。
 令和になって最初の一カ月、最初は決意新たになどと考えたりしましたが、相変わらず過密スケジュールでバタバタした日々を送ってしまいました。 人間そう変われるものではないですね。



 副編集長/三宅優 

 「降る雪や明治は遠くなりにけり」(中村草田男)の句をマネて、 「照る陽射し昭和は遠くなりにけり」
 そんな、へたな俳句の一つもひねりたくなった熱い5月、国民の多くが「令和」の始まりに沸いた。乗れなかったのは頑固頭の昭和戦後世代(記者ら)?
 世界にはない日本だけの時代区分、これはこれで結構ありがたいのかもしれない。すなわち、前の前の時代の人間だと言われれば、もう退くときだと気づかされる。なんだけどねえー、譲らないんだよ、団塊の世代って(笑)    



  *これまでの「編集後記」
   2019年4月
   2019年4月
   2019年3月
   2019年2月
   2019年1月
   2018年12月
   2018年11月
   2018年10月
   2018年9月
   2018年8月
   2018年7月
   2018年6月
   2018年5月
   2018年4月
   2018年3月
   2018年2月
   2018年1月
   2017年12月
   2017年11月
   2017年10月
   2017年9月
   2017年8月
   2017年7月
   2017年6月
   2017年5月
   2017年4月
   2017年3月
   2017年2月
   2017年1月
   2016年12月
   2016年11月
   2016年10月
   2016年9月
   2016年8月
   2016年7月
   2016年6月
   2016年5月
   2016年4月
   


   
トップページへ戻る