今月の編集後記   2018年4月1日発信

「3年目の門出にあたり」


 編集長/ 勝部公平 

2年目に入っての特集では「建部に暮らす」と題して、我々の上の世代の方に話を聞く機会に恵まれました。 その中で人生において何が真の豊かさか、幸せとはどんなものかを自分なりに考えさせられることとなりました。
 新聞が3年目を迎えるにあたって、これからも建部の人の生活を中心とした情報を発信し、建部のあるべき姿を提案できたらと考えます。 それは10年先のこの地域における心のネットワークにつながることでありたいと願います。



 副編集長/三宅優 

 昨年の取材を通じての私自身における学びの成果は大きなものがあった。中でも「たけべおこし」の活動に密着したことで、 彼らが少しづつ力をつけ、確実に事をやり遂げる姿を確認できた。
 一方で大人の主催する既存の活動にも参加し、その中で前に進むということの難しさも痛感した。 もう若い世代に(わずかの人数だとしても)任せたほうがいいのだが、どのようにして?課題はいつも未解決。
 「たけべ新聞」は3年目をスタートするにあたって、その両方の世代における情報のハブ空港でありたいと考えている。




  *これまでの「編集後記」
   2018年3月
   2018年2月
   2018年1月
   2017年12月
   2017年11月
   2017年10月
   2017年9月
   2017年8月
   2017年7月
   2017年6月
   2017年5月
   2017年4月
   2017年3月
   2017年2月
   2017年1月
   2016年12月
   2016年11月
   2016年10月
   2016年9月
   2016年8月
   2016年7月
   2016年6月
   2016年5月
   2016年4月
   


   
トップページへ戻る