今月の編集後記   2018年7月1日発信

「先月を振り返り」


 編集長/ 勝部公平 

 六月六日の二十四節季でいう「芒種」(稲の種をまく時期を言う)から、梅雨に入る「入梅」、昼が最も長い「夏至」も過ぎて、早や、7月2日は「半夏生」と言って田植えがほとんど終わりになり、ホタルが飛び交い、おたまじゃくしやアメンボが田んぼの水面をスイスーイ!
 人間社会では、この季節はジメジメして嫌いだという人が多いようですが、生き物社会では、最も生命の誕生が多く、躍動感のある季節です。

 里山建部では、吸盤のついているタコの刺身、酢の物、タコ飯などを食べながら、 早苗が田んぼに吸い付いて根を張り、秋には豊作になりますようにと祈願して「代満(しろみて)」 を7月1日におこないます。
 四季折々の季節感は日本人の感性の源、こんな伝統行事も大切にしたいものですね。



 副編集長/三宅優 

 何かの本にアメリカの諺で「一つの電球を取り換えるのに何人の精神科医が必要か、それは一人、ただし電球が変わりたいと望めば」というのが 書かれてあった。
 同じことが我々の地域においても言えると思う。最近の取材で目にするのは、外に対してあきらめて生きている人。 しかし、あきらめるには意外と人生長い、どうせなら挑戦して失敗する方が楽しいではないか。 住民が変わろうとしない限り、町は変わらない。




  *これまでの「編集後記」
   2018年6月
   2018年5月
   2018年4月
   2018年3月
   2018年2月
   2018年1月
   2017年12月
   2017年11月
   2017年10月
   2017年9月
   2017年8月
   2017年7月
   2017年6月
   2017年5月
   2017年4月
   2017年3月
   2017年2月
   2017年1月
   2016年12月
   2016年11月
   2016年10月
   2016年9月
   2016年8月
   2016年7月
   2016年6月
   2016年5月
   2016年4月
   


   
トップページへ戻る