今月の編集後記   2021年1月1日発信

「先月を振り返り」


 編集長/ 勝部公平 

 年の瀬の新聞やテレビは、梅雨時のカエルの鳴き声の様にコロナコロナの大合唱。
 あっという間の一年で田舎の素晴らしさが発見できた一年でもありました。 里山の植林や間伐、草刈りなどの活動は100%できました。自然相手の時間の過ごし方、新年度も自然の中での過ごし方を満喫したいものです。
 「コロナ禍の 人生楽し 夢思う」今年の年賀状の一筆には 「日々いそがしく 日々おだやかに」と添えました。木々は芽吹きをはじめ、小鳥は春の子育て準備を始めております。春はもうすぐ、必ずやってきますよ!




 副編集長/三宅優 

 慌ただしく一年も去っていった。私事では二人の兄を亡くしてしまった。
 今年は・・・、そう、まだ何も浮かばない。 ただこれまでのコロナによる社会の変わりようの中で「ニュースとは何か」を考える機会が増えた。
 これまでのニュース観では人が集まることで成り立つことが前提だった、それができなくなった時、何が伝えられるか。コロナがどうであれ、人々の暮らしは続き、喜びだって悲しみだって変わらずにある。  
そんな小さな日常から大きなテーマを汲みとる、そのようなニュースのあり方が頭をよぎる。


  *これまでの「編集後記」
   2020年12月
   2020年11月
   2020年10月
   2020年9月
   2020年8月
   2020年7月
   2020年6月
   2020年5月
   2020年4月
   2020年3月
   2020年2月
   2020年1月
   2019年12月
   2019年11月
   2019年10月
   2019年9月
   2019年8月
   2019年7月
   2019年6月
   2019年5月
   2019年4月
   2019年3月
   2019年2月
   2019年1月
   2018年12月
   2018年11月
   2018年10月
   2018年9月
   2018年8月
   2018年7月
   2018年6月
   2018年5月
   2018年4月
   2018年3月
   2018年2月
   2018年1月
   2017年12月
   2017年11月
   2017年10月
   2017年9月
   2017年8月
   2017年7月
   2017年6月
   2017年5月
   2017年4月
   2017年3月
   2017年2月
   2017年1月
   2016年12月
   2016年11月
   2016年10月
   2016年9月
   2016年8月
   2016年7月
   2016年6月
   2016年5月
   2016年4月
   


   
トップページへ戻る